治験入院のアルバイトは稼げる?どんな入院生活なの?

7WCh

治験は1日というものから、短期間の入院まで様々なタイプがあります。治験アルバイトそのものが高額が稼げるため、定期的に治験アルバイトを行う人もいるほどです。

入院での治験となると、1週間で10万円近くにもなることがあります。治験内容によってはそれ以上になることもありますが、それなりに検査や制約が厳しくなります。

治験入院は投薬や治療中以外は院内では自由に過ごせます。テレビ・読書・ゲーム・パソコンなどができる環境が整っている施設が多いようです。
食事も案件によって異なり、栄養バランスを考慮していますが、一般の患者さんとは違うものが用意されていることが多いようです。残さず食べなくてはいけないので、嫌いな食材が使われていると少しつらいです。

外出の制限があり、喫煙や飲酒はもちろん禁止されています。
入院期間が終わると、薬の効果や経過を確認するための事後検査があります。ここまでが入院タイプの治験の募集条件とされていますから、申込時点でしっかり確認して日程を確認しておくことが大切です。入院は比較的時間に余裕のある方のほうが参加しやすい治験だと思います。

7eHR

治験入院はほとんどの場合、数人から十数人の規模で行われます。その場合、個室ではなく、たいていは相部屋での入院生活を送ることになります。

相部屋であれば、タバコやお酒など禁止されていることができませんね。治験モニターは実際は健常者ですから、ついハメをはずしてしまうこともあり得ます。そういったことを防ぐにはお互いを見張るような環境にしてしまった方がいいかもしれませんね。

入院するときの検査で、たばこやお酒を隠し持っていないかを調べられます。治験を何度も経験している人の中にはその検査をかいくぐってタバコなどを持ち込むことがあるのだそうです。くれぐれも禁止されていることは守るようにしなければいけません。

治験入院は、長い退屈な時間をどう過ごすかというのが相当大きな課題となるのです。
治験モニター同士で積極的におしゃべりをすることはあまりないのだそうです。ほとんどの人が一人で静かに過ごすことが多いのだそうですから、治験入院のアルバイトをする場合は時間の潰し方の攻略法を考える必要がありそうですね。

治験入院でも健常者だから、何を食べてもいいと思いがちですが、一般の患者さんと同じメニューではないかもしれませんが、病院で用意したものを食べます。病院によっては、食事が美味しいところ、そうでないところがあるようです。

また、出された食事に好き嫌いがあることもあります。どちらにしても出された食事は残さず食べるという決まりがあります。栄養的なものが関係しているため残さず食べることになっています。

プライバシーについてもカーテン一枚の仕切りがあるだけですから、音などはまる聞こえになってしまいますから、耳せんを持っていくといいかもしれません。

そして治験入院の最大の難関である、「たいくつ」を攻略するために、持って行くといいのが、ノートパソコンや携帯ゲーム機です。これは治験入院を体験した人の大多数の方の感想です。

そして治験入院のもう一つの大きな課題に「採血」があります。採血は1日に何回もすることがあります。薬の効果を見るための入院ですから当たり前ですよね。
なので、注射や採血が苦手という方は、覚悟しなければいけません。大抵の方はしばらくすると慣れると言っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>