治験アルバイトはどんな流れで進められていくの?

6qGn

一般的な治験の進め方を知って、治験に関する知識を得てから治験アルバイトに応募したいという方のために、順を追ってみてみましょう。

Step1 事前説明があります。
治験担当医師やCRCと呼ばれる臨床研究コーディネーターなどから治験に関する詳しい説明を受けます。

治験の目的や方法、検査の内容や通院回数などのほか、予測される効果と副作用などが書かれた説明書が渡されます。内容をよく読んでわからないことや疑問点などがあれば治験担当医師に質問して納得できるまで確認しましょう。

説明を受けたからと言って、どうしても治験に参加しなければならないということではないので、自分には無理と思ったら取りやめることができます。

Step2 同意して署名(インフォームド・コンセント)
説明内容を十分に理解できて、治験に参加することに納得したら同意書に署名と日付を記載します。治験はこの同意を得ることではじめて開始されます。

Step3 参加条件を確認
治験内容によって参加できるかどうかが決まります。治験の対象とされる病気の程度やこれまでの経過、他の病気、決められた病院へ通院できるかどうか、また年齢や性別などが治験ごとに細かく決められています。

治験に参加しようとする人がその条件にあうかどうかを調べるため、診察や検査を行います。
その結果によっては、治験に参加を希望しても断られることもあります。

Step4 治験薬の使用開始
いよいよ、治験薬の使用を開始します。治験担当医師から指示された用法と用量を守って、一定期間治験薬を使います。期間中に何度か通院して診察・検査を行います。
治験内容によって、その回数や検査内容が異なります。

Step5 通院
治験内容によっては通院回数が頻繁になることがあります。通院のたびに診察と検査が行われ、採血、採尿、血圧測定などをします。体調の変化を詳しく調べますが、参加者の体調に変化があればすぐに治験担当医師に知らせます。

治験方法について、薬がどのくらい効くかということを調べるためには、比べる対象が必要です。すでに販売されている薬と治験薬で効果の違いを比較したり、プラセボ(有効成分を含まない薬)と治験薬で効果や副作用の違いを比べたりします。

また同じ治験薬で、量を変えて効果や副作用の違いを比べたりもします。治験ボランティアに参加した方はどちらのグループに入っているのかは、最後まで知らされません。
参加者の状態や、医師の判断が先入観や思い込みに左右されるのを防ぐためです。

ですから、治験の対象となる疾患をお持ちの方が治験に参加してプラセボのグループに入った場合、症状が改善できると思って参加したのに変化がなかったという結果になることもあります。治験には、そういったこともあることを理解した上で応募することになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>